ブログ

全技連マイスターの位置付け

今年度認定された全技連マイスター。
一般の方には余り聴き慣れない認定資格かと思いますので、
その位置付けについて説明します。
職人の資格として職業能力開発促進法に基づき実施されている技能検定制度があります。
その熟練度を表す技術のピラミッド、頂点は皆さんご存知の
「現代の名工」と呼ばれる卓越技能者です。

①卓越した技能者表彰(現代の名工)
②高度熟練技能認定者
③一級技能士(特級含む)
④二級技能士
⑤三級技能士

全技連マイスターは現代の名工の下位、
②高度熟練技能認定者と同じ位置付けとされています。
また単なる名誉的な称号ではなく、現役として後進の指導などの活動に
積極的に対応できることが重要な要件となっています。
年齢や実務経験の足りない私が認定されのは、
そのあたり大きな期待をされていると受け止めています。
2016-12-19

一覧に戻る