ブログ

六、戸塚・かまくら道

2018年4月にスタートした、東曜印房の東海道五十三次駅画展。
店頭(彫刻場所、後方の上)に飾っていますので、お気軽にご覧下さい。
また更新をサボってしまいました、ルール決めないとダメですね;

気を取り直して、6番目は程ヶ谷(保土ヶ谷)から二里九町(約9キロ)。
江戸より十里半、戸塚です!
※過去の宿場もブログを遡れば出てきますよ~♪

日本橋を早朝に出発し、最初の泊まりになる所です。
図柄は現在の東海道戸塚駅から東へ少し行った所で、
旅人が馬から降りようとしている姿です。

またこの松並木は俗に八丁並木と呼ばれ、1762年の道中奉行のお達しにより、
旅人の便宜の為に植えられたとされています。

一覧に戻る