ブログ

四、神奈川・台之景

2018年4月にスタートした、東曜印房の東海道五十三次駅画展。
店頭(彫刻場所、後方の上)に飾っていますので、お気軽にご覧下さい。

4番目は川崎から二里半(約10キロ)、神奈川の宿です。
※過去の宿場もブログを遡れば出てきますよ~♪

昔はゆるい丘陵地帯で街路の下にまで海が入りこんでいました。
また当時は船着き場として繁盛し、海を背負った坂道に沿って
料亭が軒を連ねて客を呼んでいたそうです。
その坂道を仰ぎ見る構図で描いていますね。

一覧に戻る