彫刻ゴム印、承ります

※先週末にアップした「古(いにしえ)のゴム印」の続きです。

彫刻ゴム印、手彫りのゴム印は耐久性もあり、文字もフォントではなく手書きの文字。
何よりも押し心地が抜群で「まるで紙に吸い付くようだ」と言われます。
印面の波模様は不要な部分を浚った刀の痕。
性能には全く関係無し、でもそんな部分に美しさを出すのは職人の粋ですね。

私も印章高等職業訓練校で彫刻ゴム印の技術を学びました。
ただ・・・お恥ずかしいですが、商品として彫れるのは大きな文字のみ。
せいぜい署名印(のし袋に押す名前のゴム印)です。

しかし神奈川には全国に誇る彫刻ゴム印の名人がいらっしゃいます。
当店から彫刻をお願いする事が可能なので、もし興味のある方はご連絡ください。

気になるお値段、そしてお時間は通常のゴム印の2~3倍程かかります。
(ごめんなさい!まだ価格を定めていないので都度見積もりとなります;)
消耗品でもあるゴム印にそこまで・・・と思うかも知れません。
しかし法人や団体の代表として、肩書きの入ったゴム印を押す。
また一家の長として慶弔の署名印を押す、それはそんなに長い期間ではないのかも知れません。
消耗品とは言えインクを拭くなど、大切に扱えば長く使用できます。

手のかかった、心のこもった良質な品を愛用する。
そんな日本の心が感じられるゴム印を是非ご検討ください。

おててポン、ご活用ください

日が暮れるのがどんどん早くなり、朝晩はすっかり寒く。
我が家の息子達も鼻水を垂らし(笑)、インフルエンザの予防接種も始まりました。
ふと気付けば明日から11月、今年も残り2ヵ月ですね。

コロナ禍では例年以上に心掛けたいのは、やっぱり手洗いうがい。
楽しく手洗いをする為に、手洗い練習スタンプ「おててポン」を是非ご活用ください。
春は生産が追い付かずに全国でも品切れ状態が続きましたが、現在はしっかりとご用意できます。

今年4月、平塚市内全ての保育園・幼稚園・こども園、合計62園に寄贈させて頂きました。
その時に頂いた、とってもかわいいお礼のお手紙です。

おててポン(ブルー)入荷しました

沢山のお問い合わせを頂きましたが、手洗い練習スタンプ「おててポン」。
数か月以上メーカー欠品が続いていまして、大変ご迷惑をおかけしました。
先月末(ピンク)の入荷から遅れて、昨日ブルーも入荷しました!

市内だけでなく遠く愛知県の整体院や都内の保育園、
また寄贈した園の先生が「自宅でも使いたい」とお買い求め頂いています。

「しっかり手洗い習慣化」
今も、そして終息後も手洗いの習慣化にきっと役立ちます。
価格は550円(税込)です、是非お買い求めくださいませ。

おててポン(ピンク)入荷しました

4月末に平塚市内全ての保育園・幼稚園・こども園、合計62園に寄贈した
手洗い練習スタンプ「おててポン」が入荷(ピンクのみ)しました!

先月は沢山のお問い合わせを頂きましたが、メーカー欠品の為に
販売する事ができず大変ご迷惑をおかけしました。
今回はピンクのみ50個の入荷ですが、近い内にブルーも同数入荷する予定です。

「しっかり手洗い習慣化」
今も、そして終息後も手洗いの習慣化にきっと役立ちます。
価格は550円(税込)です、是非お買い求めくださいませ。

感謝祭、あと2週間です

創業111年の感謝祭、あと2週間・・・3月末までです。
既に売り切れてしまった商品も多いですが、まだまだ珍しい一点物や
当店でしか手に入らない様な商品もございます。

メインは象牙の印ですが、中にはこんな商品も!

左は河馬(かば)の牙。
通常より長めの75mm、大きめ18mmの印です。

右は鯨(マッコウクジラ)の歯。
中央を金のリングで継いでいます。

どちらも高品質な象牙と遜色ない商品です。
また他にも一点物が盛り沢山です。

お客様ご自身の目と手で「本物」に触れてみてください。
ご来店お待ちしております。

1万1千百円のはんこ

東曜印房では創業111年の感謝祭を開催中です。
期間は3月末まで、残り1か月となりました。

創業111年にちなんで、ご奉仕の1万1千百円・価値ある11万1千円・驚きの111万円!
今回はご奉仕の「1万1千百円のはんこ」を紹介します。

実はこの価格ラインナップ、ご奉仕品を沢山ご用意していたのです。
特選横目象牙、特選象牙(東民作)など1~2本限定だったこれらの品は、
感謝祭開始初日~3日で全て完売となってしまいました;

目玉商品「東曜印房オリジナル豆象牙」も、先日大きいサイズ(写真左)が完売。
ただ写真の小さいサイズ(写真右)は今日現在で10数本ですが在庫がございます。

丈は24mmと短いですが、丸(直径)は12mmと通常のサイズ。
実印や銀行印、ちょっと贅沢な象牙の認印としてもご使用頂けます。

またこの価格ラインナップが寂しいので急遽、牛の角も数本限定で追加しました。
この春、新生活が始まる方はお早めのご用意を!
ご来店心よりお待ちしております。

11万1千円のはんこ

今年の初めにブログでもお知らせしました通り、ただいま感謝祭を開催しています。
仕事始めからスタート、3月末までなので丁度折り返しでしょうか。
ふと気付くと一点物の商品が幾つか売り切れ御免!?
ブログでの紹介が遅れた!と反省してバタバタと紹介記事をアップしています;

創業111年にちなんで、ご奉仕の1万1千百円・価値ある11万1千円・驚きの111万円!
「11万1千円のはんこ」を左から順に紹介します。

①特選象牙(金丹)宝泉作 →残り3本
②特選象牙(金丹鞘付)民生作 →残り1本
③特選象牙(鞘付)特製ケース付
④特選芯持象牙
⑤特選象牙(プラチナ丹)宝泉作 →残り1本
⑥特選横目象牙2本セット →残り1組
※他にも数点ございます

全て良質な象牙(ハード材)で、丹を入れた象嵌師の銘が刻まれている印材もあります。
特に②の「民生」氏は伝説の象牙象嵌師と呼ばれる職人です。
本物の中の本物を手にしたい、そんな方にお持ち頂きたい商品です。

⑤のプラチナ丹は昨年秋に、全国で初めて当店が商品化しました。
既に1本売れてしまったので残りは1本。
今日現在でも、購入できるのは全国で当店だけです。

このような商品を在庫として持っているはんこ屋は少ないと思います。
また持っていても店頭には並べず、仕舞っているお店が多いのではないでしょうか。
当店も通常は仕舞っていますが、感謝祭期間は店頭に並んでおります。

是非お手に取って、その目と手で「本物」に触れてみてください。
ご来店お待ちしております。

111万円のはんこ

今年の初めにブログでもお知らせしました通り、ただいま感謝祭を開催しています。
創業111年にちなんで、ご奉仕の1万1千百円・価値ある11万1千円・驚きの111万円!
問い合わせも多い、その「111万円のはんこ」はこちらです♪

え・・・え?何か大きさがおかしくないですか?

はい、太さ(円の直径)は36mmあります。
長さも90mm・・・極太、そして極上の芯持象牙です。
※通常の印は実印(姓名彫刻)で15mm丸・60mm丈が標準です

今では手に入らないので、本来は値段を付けれる様な代物では無いのですが、
この記念にと111万円の称号を付けました(笑)。
是非手に持って、そのエネルギーを感じてみて下さい。

創業111周年記念感謝祭は3/31(火)まで開催しています。
先代・先々代の秘蔵品などを大放出し、特価で販売!
他にも当店にしかない商品、もう手に入らない一点物も数多くご用意しています。
売り切れ御免の感謝祭、是非ご来店下さいませ。

山中塗り

いつもイベントやものづくり教室の告知と報告ばかりなので、
たまにははんこ屋のWEBサイトらしく、はんこを紹介します(笑)

はんこに最も適している印材(材質)は?と聞かれたら、間を置かずに象牙とお答えします。
耐摩耗性や乾燥・ひび割れに対しての強さだけではなく、
きめ細やかなので職人の思い通りに文字を描く(刀で)事ができます。
また適度な重さと朱肉の付きの良さ、捺印した際の印影は他を圧倒します。

象牙の素晴らしさを語ると止まりませんので、また改めてご紹介します。
今回お見せしたい商品はコチラです!

良質な象牙を敢えて・・・敢えてです、漆の塗りを施しています。
漆を3度、丁寧に丁寧に塗り重ねた山中塗りの象牙に重厚かつ優雅な趣きを感じます。
現在当店にあるのは「朱」ですが「黒」もございます。
気になるお値段は通常の象牙印章より少し(2割程)割高です。

山梨の印材問屋さんが製作し、今年の9月に初めて販売された商品。
実物をご覧頂ける店舗は僅かだと聞いています・・・神奈川、関東では当店だけかも!?
冷やかし大歓迎、是非一度ご覧くださいませ。

【象牙の販売について】
現在、ワシントン条約により象牙は輸入がストップしております。
東曜印房は種の保存法に基づき「特別国際種事業者」として登録し、
環境省及び経済産業省管轄のもとでルールに基づいて象牙の取り扱いを
行っておりますので、ご安心してお買いお求めくださいませ。
〔経済産業省 登録番号 T-3-14-10127]

本物の朱肉を使う理由

本物の朱肉がある、その魅力について説明をしました。
今回の逸品は印泥です
今回はもう一歩踏み込んで説明してみたいと思います。

原則として、スポンジ朱肉での捺印はインクが紙の中に吸い込まれます。
紙の質によって、朱が広がったり滲んだり・・・時に吸い難く乾かない事もありますね。
それに対して練り朱肉(本物の朱肉)は朱が紙の上に乗っている状態なんです。

スポンジ朱肉による捺印(印影)の表面=つまり見た目は紙の質ほぼそのまま。
練り朱肉は、と言うと印面そのままのシャープかつ重厚感ある捺印となります。
表面から感じる迫力、その差は比較すると一目瞭然ですね。

店内に試し捺しができるコーナーもご用意しました。
是非一度、ご来店の上でお試し下さいませ。

また私は色々試してみたい性格でして、仕事用の朱肉も沢山あります。
性質や色合いだけでなく肉池(器)も様々、こちらも店内でご覧頂けます♪

有限会社 東曜印房(とうよういんぼう)

神奈川県平塚市明石町1-5
TEL:0463-21-0181
Email: info@toyoinbo.com