ブログ

「大門通り」表参道の賑わい再び

東曜印房が店舗を構える大門通りは、平塚八幡宮の表参道で平塚商業発祥の地。東海道が整備される江戸以前より地域文化の拠点として、人々が往来していた歴史ある通り。しかし国道一号線の整備により、表参道である大門通りは平塚八幡宮と分断され、更には大型店の進出などにより大門通りだけで無く街全体が衰退化傾向にあります。
「歴史的資源を活かした地域の活性化」
「よみがえれ門前市!八幡大門通り」
そして「国道一号線に横断歩道を!」を合言葉に署名活動、約30,000人もの来場者を記録し大盛況だった「大門市(かながわ朝市サミット)」や平塚八幡宮のぼんぼりまつりと同時開催する「ぼんぼり市」等、表参道の賑わいを取り戻そうと様々な活動をしています。
平塚大門会公式WEBサイト

一覧に戻る