ブログ

「子どもたちに絵本を贈ろう」ブラジルピアノの調べ

地元平塚出身在住のブラジル音楽(ボサノバ・サンバ)専門ピアニストの今井亮太郎。作曲・アレンジ・プロデュースも手掛ける、大切な友人で尊敬すべき表現者でもある彼が地元でコンサートを行いました。
「真夏のブラジルピアノ」コンサートin湘南・・・2013年には「青い波と透き通った風の物語」、2014年には「情熱のピアノ・バトゥカーダ」と題して開催、定員1,400人の大ホールを埋めつくす様な来場者をブラジル音楽の世界に引き込み、大盛況で幕を下ろしました。このコンサート開催の主旨は2つあって、1つは地元への恩返し。生まれ育った街のみんなに、特に子どもたちに本当のブラジル音楽を聴いて欲しい、触れて欲しいと言う事。もう1つはコンサートの収益で市内全小中学校(43校)に絵本を寄贈したい、これは2013年1月に亡くなられた彼のお父さんの志しを継ぐ事。
教育者だったお父さんが最も力を注いでいた事が「命の大切さを伝える絵本」の読み聞かせで、その活動を通して自身も他人も大事にする事を教えていました。時間はかかりますが子どもたちは自殺をしない大人になり、またそんな子どもを育てる親になってくれる・・・そんな想いを音楽に乗せて伝える事、絵本と言う目に見える形で伝える事、それこそがこのコンサート開催の原動力となっていたんです。
2015年は市民センターが使用できず(耐震補強が必要な為、大ホール使用禁止)開催できません。でも、またいつか・・・今井亮太郎の素晴らしい音楽を通して、この意義あるコンサートを開催したい!主催者の一人として心からそう願っています。
実行委員でコンサートでは絵本の読み聞かせもされた諸山朝子さんの言葉です。
「今井亮太郎さんのピアノのように、子どもたちが自信を持って明るくしなやかに生き生きと生きていかれる街、平塚市でありますように。」

今井良太郎オフィシャルサイト

一覧に戻る